自賠責保険

ここでは、車検料金の内訳として、『自賠責保険』について解説していきます。

自動車教習所の教官や、教習のビデオからいく度か教わった自賠責保険。正しくは、『自動車損害賠償責任保険』といいますが、免許を取得してから、なんとなく加入している方がほとんどだと思います。みなさんは、「自賠責ってどんな保険?」と聞かれると、すぐに答えられるでしょうか?

そんな自賠責保険について、もう一度おさらいという意味を込めて、わかりやすく紹介して行きたいと思います。

自賠責の重要性とその意味

「免許をとったら自賠責(強制保険)」。教習所では、そのようなことをよく耳にしたと思いますが、覚えていますか?これは、加入している場合とそうでない場合では、天と地ほどの差があります。

そもそもこの保険は、「自賠責に未加入で走行した場合は、法律によって罰せられる」ということが、自動車損害賠償保障お法により、加入が義務づけられています。車やバイクを運転している、すべての方が加入しなければなりません。

自賠責未加入で走行した場合の罰則

  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 免許停止処分(違反点数6点)

この保険は、法律で加入が義務づけられているので、『強制保険』と呼ばれています。

自賠責保険は人身事故のみ対象

保険の対象が人身事故のみということもポイント。

対人事故は、死亡事故、後遺症などがあり、相手やその家族に多大な迷惑をかけるばかりか、莫大な慰謝料が必要になります。加入していないと、それらの金額はすべて、自分のお金で保証しなければなりません。しかも、数千万~何億円という金額になりますから、必ず加入すべきなのです。

また、自賠責は、対人には無制限に保証金額が支払われますが、自動車や器物破損などは対象ではありません。当たり前ですが、任意保険も合わせて加入するといいですよね。

そして、なにより「車検が通らなくなる」ということも覚えておいてください。

先述した法律による強制保険なので、持ち主がきちんと保険に加入しているかを確認するための車検でもあります。

車検時には、車検期間をカバーする保険期間を自賠責保険もありますから、こちらも、各保険会社に問い合わせて聞いてみると、いいでしょう。