HOME >  車検の安い業態を調査 >  ディーラー

ディーラー

はじめて買った車が、中古車ではなく新車だった人なんかは、車検と言えばこの『ディーラー車検』が思いつくのではないでしょうか。また、逆に中古車や個人売買になどで車を購入された方には、「なんか、敷居が高いなぁ…」というイメージを持っている人も少なくないみたいですね。

ここではそんなディーラーでの車検について、どんな特徴があるのか、メリット、デメリットなどについて紹介していきます。

設備や自社製品に強いディーラー車検

ディーラー車検の特徴としてまずあげられるのは、「自社製品に強い」ということ。当然といえば、当然ですけどね。自動車メーカー自身が検査しているわけですから、設備や経験はもちろん、その車の知識などはほかの業態とは比べ物にならないぐらいです。

また、全国展開していますから、どこへ持って行っても同様のサービスを受けることができるというところもメリットでしょうか。

次に、メリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

ディーラーで車検するメリット

  • 質の高いサービス…自社の車ですので、質の高い整備が可能。
  • 全国にあるネットワーク…全国展開していますから、引越しした場合や走行中にトラブルがあっても対応が可能です。
  • 保証が充実…有料になりますが1〜2回の車検ならば保証延長も可能ですし、保証範囲も広いのが特徴です。

ほかにも、車検項目以外で、ブレーキパットの磨耗具合、エンジンオイル、エレメントなどもチェックしてくれるというのもポイントです。

ディーラーで車検するデメリット

自社製品以外は経験が少ない…基本的に自社の車しか扱わないので、他社の車、車検にかんしては経験が少ない。
金額が高い…経験、充実した設備のもと検査し、安心・安全を提供している、というメーカーブランドの料金なので高めです。

総合的に見て、車検の技術は高いのですが、その分、料金も一番高いというのがディーラー車検。車に詳しくない方、古い車に乗っている方、そのメーカーを愛している方にはオススメの車検だと思います。

以上、ディーラー車検についての説明でした。