HOME >  車検の安い業態を調査 >  ガソリンスタンド

ガソリンスタンド

近年の車検制度の緩和によって、ガソリンスタンドも積極的に車検を請け負うようになりました。給油なんかでガソリンスタンドに寄ったとき、車検のノボリやポスターを目にすることもあるのではないでしょうか?

ガソリンスタンドでの車検。普段からかよっているだけあって気軽に頼めるかもしれませんね。

ここでは、気軽にお願いできるガソリンスタンドの車検について、その特徴やメリット・デメリットを紹介したいと思います。

気軽にできるガソリンスタンドでの車検

特徴としては、ガソリンスタンド自体が車検受付の窓口になってくれますから、簡単に申込みができるところです。ガソリンをいれるついでに車検もお願いする、といった感覚ですね。

検査は、別の場所にある自社工場か提携している整備工場にスタンドの人が運んでくれます。

ガソリンスタンドでの車検のメリットをまとめると、次のとおり。

ガソリンスタンドで車検するメリット

  • 行きつけのスタンドで、気軽に依頼できる
  • 料金が比較的安い(平均50,000円~100,000円くらい)
  • 24時間営業のガソリンスタンドも多くあるので、受付時間が長い

しかし、デメリットがないわけでもないので、そのあたりもまとめみますと…。

ガソリンスタンドで車検するデメリット

  • スタッフの技量が不明…経験豊富なスタッフなのか、そうでないのかが見極められない。
  • 工場がわからない…どこの、どんな設備のある工場でおこなうのかが不透明。
  • 責任の所在が不明…クレームがある場合、責任の所在が工場なのかガソリンスタンドなのかがわからない。

などがあります。

メリット・デメリットを総合すると、コンビニ感覚で車検を安く、そして手軽に依頼できる半面、その内容が不透明であるということがいえます。

なので、時間がない方、車に詳しい方、状態のよい車を持っている方などに適しているのではないでしょうか。

以上、ガソリンスタンドでの車検にいついて紹介しました。